NEWトップロゴ.png
パスタが美味しい札幌中央区のイタリアンレストラン「オステリアジリオ」

札幌のイタリアンレストラン

イタリアンレストラン オステリア ジリオ
オーナーシェフ大森敬二(おおもりけいじ)
S36年7月13日生まれ

イタリアンシェフ大森敬二18才で上京、東京港区三田の洋菓子店で飲食業のスタート。

2年後調理人として六本木麻布の地中海料理店(エストエストエスト・ラ・パッツア)の代官山シェリュイにて料理の基礎を学ぶが、その当時のレストランのシェフ独立と同時にフランス料理からイタリア料理に変更(リストランテ池袋文流シェフ近藤さんのパスタを食べて感動!)。

その時代、代官山、恵比寿、駒沢等などで南欧料理、イタリア料理店を経営されていた(株)フラッグス 恩海光さんの元で3年間イタリア料理店を任されていましたが、海外で勉強されて来た新しいシェフたちのイタリア料理と自分との違いに壁を感じ、31才のときイタリアに行く。

その後、約4年間イタリア各地のレストラン、ピッツァリア、ホテルなどで本場のイタリア料理を学んで帰国。帰国後、新宿マキャベリーで7年間シェフとして働き、43才のとき北海道の地に移り、その年の終わりに「ジリオ」を立ち上げました。

初めはデパートの中のカフェレストランから…そして今の場所でワインとイタリア料理の店「オステリアジリオ」をオープンいたしました。時代の流れでそのデパートは閉店してしまいましたが、現在、次の目標のために頑張っております。

私は、お客様の身近な食材にて料理を作りご提案、ご提供しています。旬の食材で季節を感じて頂くことを一番に思い営業して行きたいと思っております。

カウンターでわがままを言ってもらえると嬉しくなります。

イタリアンシェフ大森敬二
オステリアとは居酒屋の意味。
イタリアンを気軽に味わって頂きたい…

ガンコおやじが自分で見て、食べて、作って旨いと思った料理と、手頃で旨いワインを集めてオープンしましたお店です。

約30年の経験(それしかないのですが)昔からの料理で、新しいシェフたちの料理を食べて勉強しつつ取り入れる気持ちも忘れず、北海道の恵み、食料、食材、もちろん日本の旨いもの(まだ知らないものも多い)を取り入れて、私のイタリア料理を作って、お客様に食べて頂きたいと思っています。

野菜は中央市場はもちろん札幌郊外から、梅村ファームさん、押谷ファームさん、栗山 田村さん(春から秋)、そして妻の実家群馬、埼玉から風の丘ファームさんの野菜。

魚介類は中央市場、積丹、厚岸などから、肉類は道内外から旨くてリーズナブルな材料を仕入れております。

よろしければぜひ一度私の料理を食べてみてください。
皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

オステリアジリオ 大森敬二のYouTube動画レシピ集オステリアジリオ 大森敬二のYouTube動画レシピ集

オステリアジリオ 料理フォトギャラリーオステリアジリオ 料理フォトギャラリー